車の寿命と燃費の関係性

| コメント(0) | トラックバック(0)

よく燃費が落ちてきたら車の寿命が近づいている。
という話を聞きます。
これは
「エンジンの調子が悪い=燃費の悪化=車の寿命」
という構図だと思います。
これは確かに正しいです。車の寿命が近づくと燃費が悪化します。

しかし、それ以外にも燃費の悪化となる要因は結構あります。
プラグの交換時期、オイルの交換時期・・・
こういった定期交換部品を交換していないだけでも、
燃費は悪化しますので、一概に車の寿命とは言えません。

ですので、燃費が落ちてきている=車の寿命
と判断するのは時期尚早でしょう。

まだまだ走れるのに、車の寿命と判断し、買い替えしてしまうことは、
かなり損をしていることになります。

ですので、車の寿命は単に燃費だけで判断しないようにしましょう。

ハイブリッドに限っては、バッテリーの寿命が近づいたら燃費が悪化します。
このことに関しては「燃費の悪化=バッテリーの寿命」と捕らえてもいいでしょう。

車は各機関が連動して走行しています。
一部に問題があると、全体に影響させていきます。

定期交換部品は必ず交換するようにし、
車検時は激安車検などは利用せず、しっかりメンテナンスしてもらうようにしましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://rxclomidstore.org/mt-tb.cgi/4

コメントする